【趣味の小部屋】スポデュメン(スポジュメン)

SPODUMENE スポデュメン(スポジュメン)

鉱物名:天然スポデュメン  和名:リチア輝石(リシア輝石)  硬度:6.5~7

パイロクシン・グループ(輝石族)の一種で、カラーによって異なる宝石名が付けられています。
紫外線で退色してしまう場合があるため、太陽光のあたらない場所で保管する必要があります。
鉱物名は、ギリシャ語で燃えて灰になることを意味する“spodumenos”に由来しています。

クンツァイト

Kunzite (クンツァイト)

和名:リチア輝石 サイズ:7.25ct
マンガンを含有してピンク~ライトパープルになったスポデュメンを“クンツァイト”といいます。
宝石名は、1902年にアメリカの鉱物学者George Frederick Kunz(当時のティファニー&Co.の副社長)に因んでいます。
このルースはカットが細かく、キラキラして綺麗です。
ヒデナイト

Hiddenite (ヒデナイト)

和名:リチア輝石 サイズ:0.66ct
クロムを含有してグリーン~イエローグリーンになったスポデュメンを“ヒデナイト”といいます。
(クロム以外を起因とするグリーン・スポデュメンはヒデナイトと呼びません)
宝石名は、1879年にこの石を発見した鉱物学者William Earl Hiddenに因んでいます。
ミントグリーンがとても美しいルースです。
ギャラリートップへ